オンライン 木村ゼミ 初年度20%の合格率!

直前予想講義★

予備校の予想を踏まえた上での究極の予想講義

こんな方に!!

今年絶対合格したい!
予備校の予想論点を網羅したい!
基準点を合格点に引き上げたい!

受講形態

①Web通信(毎回一講義の翌日に配信開始)

②ZOOMオンライン受講(講義日程はスケジュールに記載しています)

講義回数

全10回 6月1日(水)開始

受講料

59,000円

スケジュール科目
6月1日(水)記述式(不動産登記法)
6月3日(金)記述式(商業登記法)
6月6日(月)民法①
6月8日(水)民法②
6月10日(金)不動産登記法
6月13日(月)会社法
6月15日(水)商業登記法
6月17日(金)民事訴訟法等①
6月20日(月)民事訴訟法等②
6月22日(水)憲法・刑法
時間 19:00~21:00 質問タイム21:00~22:00

第1弾 本試験を斬る!2021データ速報

終了しました
受講生から集まったデータを基に、どこよりも早く今年度の本試験結果を予想!!

本試験5日後の

7月9日(金)20時 YouTubeにて公開

第3弾 オンライン木村ゼミ 2022合格目標(全120回)

2021年8月21日(土)スタート!!

★合格者返金制度があります!★

大手予備校のノウハウと木村メソッドの融合!

オンライン木村ゼミ 講座コンセプト

【条文について】
条文は部品のようなものです。 どこで、どのように使われるのか?がわからなければ良い部品は作れません。 良い部品を作るためのポイントは、出来上がりを意識すること。 その「出来上がり」というのが、過去問です。 つまり、常に過去問を意識した条文の勉強が必要となるわけです。


【過去問について】

過去問は、最も大切な教材です。 しかし、これを単に繰り返すだけではマンネリ化の原因になるだけです。 過去問にある出題意図は何なのか? この出題意図を勉強すれば、「知っている過去問だけが解ける受験生」から 「初見の問題にも対応できる合格者」になれるのです。


【テキストについて】
テキストは情報提供のツールです。 ただ、情報過多のものが多いのが現状。 科目の多い試験では、厳選された情報を集めていることが必要です。 細かい事は講義で補えば十分なのです。


【講義について】
講義は、テキストの朗読ではありません。 また、テキストの記述を補うためだけにあるのでもありません。 テキストに書いてある情報をつなげたり、過去問の解き方を伝えたりと、 講師の持つノウハウを伝授するためにあります。 つまり、講義が合格の決め手になるわけです。

オンライン木村ゼミ 2022目標講座

オンライン木村ゼミ2022(全120回|1回2時間)コンパクト中上級+実践力養成

Web通信288,000円
Web通信(個別相談15回付き)299,000円
Web通信+オンライン講義(ZOOM参加)348,000円
Web通信+オンライン講義(ZOOM参加)(個別相談15回付き)359,000円
民法32回
不動産登記法20回
商法16回
商業登記法10回
民事訴訟法等10回
供託法・書士法6回
憲法8回
刑法8回
記述式対策(不登法・商登法)各5回

オンライン木村ゼミ2022(全74回|1回2時間)コンパクト中級編

Web通信222,000円
Web通信(個別相談15回付き)233,000円
Web通信+オンライン講義(ZOOM参加)268,000円
Web通信+オンライン講義(ZOOM参加)(個別相談15回付き)279,000円
民法20回
不動産登記法12回
商法10回
商業登記法6回
民事訴訟法等6回
供託法・書士法4回
憲法4回
刑法4回
記述式対策(不登法・商登法)8回

オンライン木村ゼミ2022(全46回|1回2時間)実践力養成

Web通信138,000円
Web通信(個別相談15回付き)149,000円
Web通信+オンライン講義(ZOOM参加)166,000円
Web通信+オンライン講義(ZOOM参加)(個別相談15回付き)177,000円
民法12回
不動産登記法8回
商法6回
商業登記法4回
民事訴訟法等4回
供託法・書士法2回
憲法4回
刑法4回
記述式対策(不登法・商登法)2回


全120回 オンライン木村ゼミ2022合格目標 講座のお申し込みは下記ボタン(ECサイト)よりお申し込みください。